• TOP
  • PROFILE
  • BLOG
  • LIVE
  • MEDIA
  • GOODS
  • CONTACT
facebook twitter

舞妓さんとはんなり撮影させていただきましたー。

2017.02.28 (火) /

diary

16708737_1263306820424473_3409358224111310072_n

 

先日、八重洲にある京都市のアンテナショップ京都館で落語しました。京あるき in 東京2017のイベントで京都から舞妓さんも来てました。

京都の北野天満宮の近くにある上七軒の舞妓さん。

楽屋が同じでしたので、休憩時間にマネージャーさんに色々と舞妓さんの世界のことを教えていただきました。

京都には五つの花街があって、上七軒の他には、祇園甲部、祇園東、先斗町(ぽんとちょう)、宮川町があるんだそうです。

舞妓さんは、芸妓さんの修行段階を指して、

みなさん中卒で舞妓さんの門を叩いて、住み込みで修行をして、二十歳前後で芸妓さんになるんだそうです。

舞妓さんの着物の襟は赤地で白の刺繍がしてあるのですが、芸妓さんになると白地の襟に替わるそうです。

なので、舞妓さんが芸妓さんになることを「襟替え」というそうです。

落語家が二つ目になって羽織が着れるようになるのと似てますね。

この舞妓さんたち年齢は16歳と17歳だそうです。まだ高校生の年代なのに立ち振る舞いは立派でほんとすごいなあ。

 

関連記事

花男子日記~春の香りと色を楽しむ花活け編~
冬至は銭湯で柚子湯
藍染体験!